【評価】Tamarin(タマリン)【レビュー】

タイトル




こんにちは、あんず(@saki_anzu)です。

今回はTamarin(タマリン)のレビューをしていきます。

今作はドンキーコングシリーズやバンジョーとカズーイの大冒険シリーズ等を制作したレア社の元スタッフが集結して作られたタイトルです。ですので、これらのシリーズ作品と似たような雰囲気を感じるアクションゲームです。

一方、独特のゲーム性が上手く機能しておらず(!)少し微妙な部分も目立つゲームです。

それでは、よろしくお願いします。


こんな人にオススメ!

  • レア社のファン
  • 短時間で楽しめるアクションゲームをやりたい人
  • 可愛いおサルさんが好きな人
  • 短時間でトロフィーを集めたい人

こんな人は注意

  • 3D酔いしやすい人
  • 虫が苦手な人

個人的評価:★★☆☆☆

  • グラフィックが良い。美しい自然の景色は素晴らしい!
  • アクションパートは操作感が良く、動かしているだけで楽しい
  • 難しすぎず、簡単すぎないほどほどの難易度
  • TPSパート(ガンシューティング部分)が微妙。操作感が悪い
  • 3D酔いしやすい
タイトルTamarin
機種PS4、PC(Steam)
発売日2020.9.10
ジャンルアクションアドベンチャー
制作会社Chameleon Games
想定クリア時間7時間程度

どんなゲーム?

美しい大自然の中を走り回れる!

見てください。美しい自然が上手く再現されています!

自然

自然豊かな光景はとっても癒されます🥰

また登場するキャラクターは主人公タマリンを含め、動物や虫達です。動物達の体毛や光の反射具合等、細かい部分まで作り込まれていて素晴らしいです!

タマリン
可愛いおサルのタマリン

アクションとガンシューティングの合わせ技

Tamarinは3Dアクションゲームです。マリオやドンキーコング等と同じような感じです。ただ、今作はそれだけでなくTPSパート、いわゆるガンシューティングパートもあります。

アクションパートでは武器を持たず、ジャンプやローリングで敵を倒しながら進んでいきます。一方TPSパートでは銃を装備して敵をバンバン撃ち殺しながら進んでいきます。

そんな2つの顔を持ったゲームです。

AIM
画面真ん中の照準に向かって銃を撃っていく
射撃

虫が苦手な人は注意

メインの敵は虫です。特にアリ系統がメインです。

割と大きい上にリアル感があるので虫が苦手な人は厳しいかもしれません。

アリ
一番多く戦うことになるザコ敵。リアル感があります。

良いところ

グラフィックが良い

グラフィックはとても良いです。タイプとしては「壮大な光景!」「絶景!」というのではなく、田舎の山の中というのでしょうか?
どこかこう親しみのある風景が広がっています。

自然

また、全体的に光の使い方が上手いです。

光
光

アクションパートの操作感が良い

アクションパートですが、動かしていて気持ちが良いです。

アクションそのものは少なく、ジャンプやローリング、ヒップドロップ程度ですがどれも小気味よく動きます。カクカクした感じが一切ないのが、この気持ちよさに出ています。

特にこのローリングで敵を倒すのが気持ち良いですね。このあたりはドンキーコングのシリーズに感覚が似ています。

ローリング
ローリングで敵を倒したところ

ほど良い難易度

サクッと遊ぶにはちょうど良い難易度です。難しすぎず、簡単すぎず…良い調整だと思います。

もう少し掘り下げると…

ステージギミックはやや慣れが必要な感じです。ジャンプの距離感というか…着地後に少し滑ってしまうのですが、その距離感を上手く計らないとすぐに落下します。

一方敵の強さですが、これは弱めですね。意地悪な配置も少ないですし、倒し方も単純ですのでほとんど苦戦はしません。

これらが合わさってほど良い難易度になっています。

ただ、ボスはもうちょっと強くてもよ良かったかなぁと。え?これで終わり?てなりました(笑)

個人的に気になったところ

TPSパートが操作しにくい

Tamarinには2つのパート、アクションパートとTPSパートの2つがあります。アクションパートは良いのですが、TPSパートはあまり良くないです。

何故かというと、とにかく操作しにくい。これに尽きます。

TPS、つまりガンシューティングですので、操作としてはキャラを動かしながら敵に照準を合わせて銃を撃つわけです。この照準合わせ(以下AIM)がやりにくくてしょうがない…

常に画面の真ん中に照準が引き寄せられている感じで、上下左右の狙いが中々定まらないのです。敵は当然動いていますので、狙いをつけないと攻撃はあたりません。しかしそうやって狙いをつけられずウロウロしていると、逆に敵に撃たれまくって体力がドンドン減っていきます。これは結構ストレスが溜まります😡

慣れれば多少マシになりますが、本当に多少ですね…

参考動画
(途中から始まります)

照準が画面真ん中に向かって引き寄せられているのが分かります

3D酔いしやすい

私は結構3D酔いしやすい体質です。そしてこのゲーム…3D酔いしやすいです。

これはかなり個人差がある問題なので、全く問題ない方もいると思います。

Tamarinが3D酔いしやすい原因はカメラの動きです。ちょっと早すぎます。オプションでカメラの速度を調整出来ると良かったです。

カメラの操作が制限されている

カメラの動きが制限されています。具体的に言うと、上下の動きはほとんど出来ず、場所によっては左右の動きもかなり制限されます。

そのため、登る場所や降りる場所を探したり、探索をするのがやり難くなっています。探索をせず、ひたすらまっすぐ進むだけなら問題ないと思いますが、やはりこういったゲームはステージ中を色々探し回りたいもの。この部分がやり難くなってしまっているのは気になるポイントです。


まとめ

キャラは可愛いですしアクションパートも面白いです。また、元レア社スタッフらしい雰囲気も良く出ています。ただ、それ以上にTPSパートの微妙さが目立ち、ストレスが溜まる部分も多かったです。

このTPSパートを許容出来る人や、サクッとアクションゲームを楽しみたい人、トロフィー目的の人にはオススメ出来ます!
(TPSについては参考動画を確認してみてください。)

あ、あとレア社ファンの人はやった方が良いですね!なんだかんだいってレア社の息吹は感じられますので😁

以上で終了になります。最後まで見て頂きありがとうございました。またよろしくお願いします。

あんず
地味ですがBGMは結構好きです。




参考になりましたか? 良かったらシェアお願いします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。