【評価】シャドウバース チャンピオンズバトル【レビュー】

タイトル




こんにちは、あんず(@saki_anzu)です。

今回はNintendo Switch専用ソフト「シャドウバース チャンピオンズバトル」(以下シャドバト)のレビューをしていきます。

今作は2016年からスマホで配信された「Shadowverse(シャドウバース)」(以下スマホ版)をSwitch向けにリファインした作品になります。
世界観はアニメ版に準拠しており、アニメに登場したキャラクターに、一部オリジナル要素を加えた内容になっています。

スマホ版はリリースからだいぶ時間が経っていて、新しく始めようと思うと中々ハードルが高いですが、今作であれば初めてシャドバに触れる人でも遊びやすくなっています。

勿論スマホ版をプレイした人でもバッチリ楽しめます😁

あんず
参考までに私のシャドバ歴を紹介します。
シャドバ歴

シャドバを始めたのは第8弾カードパック「Dawnbreak,Nightedge 起源の光 終焉の闇」のリリース直後です。いわゆる「DBN環境」でのスタートです。

その後は約1年かけてローテーション・アンリミテッド、両方をマスターランクまで上げ、その後はゆる〜く楽しんでいます。毎期「グランドマスターまでもうちょっと」ぐらいのMPを稼いで終わっています。

メインで使用しているクラスは「ロイヤル」と「ヴァンパイア」です。ロイヤルは盤面勝負を仕掛けるデッキが好き。アーサーロイヤルとか機械ロイヤル、レヴィオンロイヤルあたりは特に好きでした。ヴァンパイアは狂乱軸が好きです。

それでは、よろしくお願いします。


こんな人にオススメ!

  • シャドバに興味あるけど、やったことはないという人
  • スマホ版のプレーヤー
  • カードゲームが好きな人
  • アニメ版のファン

個人的評価:★★★☆☆

  • スマホ版の初期の頃の環境が楽しめる
  • ストーリーは好きなデッキでほぼ攻略可能
  • ミニゲーム(パズルクエスト)の出来が良い
  • 良くも悪くもシャドバ。運要素も強い。
タイトルシャドウバース チャンピオンズバトル
機種Nintendo Switch
発売日2020.11.5
ジャンルカードバトルRPG
制作会社Cygames
想定クリア時間30時間程度

どんなゲーム?

スマホ・PCで展開されているカードゲーム、シャドウバースにRPG要素が加わった!

スマホ・PCで展開されている大人気カードゲーム、シャドウバースをSwitch向けに作り直したゲームです。シャドバのルールは勿論そのまま!
なので既にプレイしている人はすんなり入りことが出来ます。

バトル画面
進化

もちろん初心者向けの要素も充実していて、今作で初めてシャドバに触れる人でも問題なく遊べるように作られています。

ストーリーはスマホ版とは完全に別で、アニメに登場したキャラクター+Switch版限定のキャラを加えたオリジナルのストーリーとなっています。

キャラクエ
主要キャラクター達

また、カードゲームと言えばカード集めも楽しみの1つ。今作ではスマホ版同様、カードパックを買ってカードを収集することが出来ます。それ以外にもバトルで勝利することでカード入手することも出来ます。しかもこの場合はある程度狙ったカードを入手出来ます。

つまり「道中でバトルをして欲しいカードを集め自分のデッキを強化。そしてストーリー上の強敵に挑んでいく…」といった、いわゆるRPG的な遊び方が出来るようになっています。

ヒイロとバトル
バトルに勝利すると「勝利報酬」のカードがランダムにもらえる
報酬
報酬ゲット!

シャドバの初期の頃のカード+オリジナルカードを収録

今作に収録されているカードパックはスマホ版の第1弾〜第3弾までのパックです。具体的には以下の通り。

  • クラシックカードパック
  • ダークネス・エボルヴ
  • バハムート降臨
パック
あんず
ちなみスマホ版は2020.12月現在、第18弾まで出ています

ここに強力なオリジナルカードもいくつか収録されています。ですので当時スマホ版をプレイしていた人でも新しい環境で楽しむことが出来ます!

アニメに登場したキャラクターとバトル!

世界観は現在放送中のアニメ版を基にしています。

アニメで活躍していたキャラクターも登場し、ヒイロの「イグニスドラゴン」やルシアの「ダークエンペラー」等、各キャラの切り札カードもちゃんと収録されています。

ルシア
アニメでお馴染み。夜那月ルシアとバトル!
イグニスドラゴン
ヒイロの切り札。イグニスドラゴン登場!

彼らとバトル出来るのはファンとしては嬉しいところですね。

あんず
イグニスドラゴンは想像以上に強くてビビった…!

良いところ

初心者でも入りやすい、初期の頃のシャドバで遊べる

スマホ版シャドバは現在第18弾カードパックまで出ています。カードの量も増え、かなりインフレが進み、特技や効果の種類もかなり多く、初心者が入るのは正直大変です。

しかしシャドバトは第3弾カードパックまでのカード+αしかありません。

この頃のシャドバはカードの追加効果などもシンプルで分かりやすいため、初心者の方でも比較的簡単に理解し、慣れることが出来ます。分からないワードが出てきても、すぐにその場で説明を見ることも出来ます。
ルールが理解出来ていると「自分の力で勝てた」という実感も湧きやすく、より楽しめます!

また、試合中にどうすれば良いか迷ったらAIが何をすれば良いかヒントをくれる機能もあります。ゲームの特性上、絶対の正解は無いのですが、とても参考になります。特に初心者であればゲームのセオリーをここで学ぶことが出来ます

ヒント
ヒント表示
ルール
ルール解説も充実

自分の好きなデッキで進めることが出来る

好きなカードやデッキを使うというのはカードゲームの醍醐味です。

シャドバトの環境ではカード間のパワー差がそこまで大きくありません。ですのでストーリー攻略では自分の好きなデッキや好きなカードを入れて進めることが出来ます。

レオニダス
ちょっと癖のあるカードでも十分戦えます
あんず
好きなデッキで進めることが出来るのというのは想像以上に楽しかったですね

もちろん、「さっさと攻略したい」という人向けの強デッキも用意されています。

デッキコード
デッキコード(デッキのお手本)も多数あるので、自分でデッキを組むのが苦手でも安心

パズルクエストの出来が良い

パズルクエストというのはシャドバト内のミニゲームです。

内容は「この状況からこのターン中に勝利しろ!」て感じでお題が出されますのでそれをクリアしていきます。いわゆる「詰将棋」ですね。

パズル1
お題
パズル2
このターン中に上のお題を満たせばクリア!

これの出来が非常に良いんですよ!

最初のうちは簡単なんですが、後半に行くとかなり頭を使います。でもその分正解が分かったときの快感は凄い!一部どうしても正解が分からず攻略情報を見たものもあるのですが、「そんな使い方があったかー!頭良いなー!」てなります。カードの使い方の勉強にもなる良いミニゲームです。

あんず
スマホ版にも入れて欲しい…

個人的に気になったところ

操作性があまり良くない

これはもうそのままです。操作性があまり良くありません。

スマホ版はタッチ操作です。同様にシャドバトも試合中はタッチ操作が出来るのですが、タッチしてからの反応がスマホ版と比べ一歩遅れています。また攻撃対象を選ぶときも、対象の判定が小さいため正確に指をスライドさせないと反応してくれません。これも地味にストレスが溜まる要素です。

タッチ操作ではなく、コントローラーを使用しての操作も可能です。しかしこの場合でも反応が遅いです。反応してないのかな?と思って2度同じ方向キーを押すと少し遅れて2回分カーソルが移動することもあります😭

もう1つ気になるのは選択肢を選ぶときのカーソルの初期位置。

例えば「マップ内に落ちているアイテムを集める場面」

このときそのマップから出るとアイテム集めは最初からやり直しになってしまいます。そして大抵のマップは画面端に行くとそこから出る仕様になっています。
なのでアイテム集めをしているときにマップ端に近づくと「アイテム集めはやり直しになりますが、このマップから出ますか?」と選択肢が出てきます。

問題はここからです。この選択肢ですが「いいえ/はい」の順に並んでいます。大抵こういうとき、他のゲームでは「はい/いいえ」の順です。なのでつい癖で下の方にカーソルを動かして決定してしまう。するとマップから出てしまって、最初からやり直しをくらいます。また選択肢を選ばずキャンセルボタン(=Bボタン)を押せば大抵の場面では「いいえ」を選んだのと同じ扱いになるのですが、この場面でBボタンを押すと何故か「はい」を選んだことになっていまいます。

おそらくですが「Bボタンは下の選択肢」という挙動になっているのでしょう。しかしこの仕様のせいで、先の場面で言えば

「アイテムを探してマップ内を移動していたら、意図せずマップ端にたどり着いてしまい『マップから出ますか?』と聞かれた。当然出るつもりはないのでキャンセルをしようとしてBボタンを押す。するとマップから出てしまい最初からやり直しになる」

という事態を招くのです。こういう場面が他にも結構あり、イラッとしてしまうことがありました。

あんず
ただしこれは私が様々なゲームをやってきていて、ある程度「経験則で動いている」からこその不満点かもしれません。

ややロードが遅め

マップ移動のロードや、試合開始前のロードが少し長く感じます。

特に試合で負けて再戦する場合のロード時間は少し気になりました。


まとめ

全体的にシャドバ初心者やそもそもゲーム自体あまりやらない人でも入りやすいように作られています。

また初期からのスマホ版プレイヤーであれば、懐かしさも感じると思いますし、オリジナル要素も入っていて以前とはまた別の戦略を楽しめます。特にシャドバ自体は好きだけど、今のインフレ環境はちょっと…という方にはオススメです。

操作性の面とロード時間が少し気になりますが、そこを許容出来るのであれば十分楽しめる良作です!

以上で終了になります。最後まで見て頂きありがとうございました。またよろしくお願いします。

あんず
いつかシャドバトのオリジナルカードがスマホ版にも登場するのかな




参考になりましたか? 良かったらシェアお願いします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。